FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

カスタムイメージ:銀のこし

2011年03月04日
PENTAXのK-rには、写真の仕上がりイメージを設定する
『カスタムイメージ』と『デジタルフィルタ』がたくさん搭載されています。

カスタムイメージは撮影するときに必ず設定するもので、
「鮮やか」「ナチュラル」「雅」「風景」「ほのか」
「銀のこし」「リバーサフィルム」「モノトーン」
の8種類があります。

デジタルフィルタは撮影するときでも、撮影した後でも設定することができます。
こちらはなんと18種類もあるらしい。
(まだ3?4種類しか使ったことがありません…)

その中で、なんだかよくわからないけどとっても気になっていた、
カスタムイメージの「銀のこし」を試してみました。

モデルはこちらのお方。

110304-01
これはいつものモード:鮮やか

いつものことですが、よく眠っています。

では『銀のこし』を試してみましょう。

…その前に
『銀のこし』っていったい何?

フィルムの場合、カラー写真の色は、
銀の感光性と色素を結びつけて発色させるのだそうです。
発色した後は、銀は不要になるので捨ててしまいますが、
この段階で銀を少し残したものを『銀のこし』というそうです。
銀を残すことで発色が押さえられて、カラーとモノクロの中間のような
色調の写真が出来るのだそうです。

なるほど。

では撮ってみましょう

110304-02

…ふ?ん…なるほど。

暗いわけでもなく、モノクロでもなく
微妙な色合い。
なんだか昔の写真みたいだ。

風景とか建物の写真だったら、とってもイイ感じになりそうですね。

ついでにもうひとつ試してみましょう

110304-03

カスタムイメージ:ナチュラル

鮮やかとの差は…ちょっと明るい感じ?
うん、確かに実際のフーちゃんの毛色がでています。
フーちゃんやハナちゃんを撮るにはナチュラルの方がいいかも。

『銀のこし』はまた今度、風景とか別のモデルで試してみましょう。

110304-04
これは、カスタムイメージ:鮮やか

はいはい、お疲れさま。ありがとね。


※写真はクリックすると、少し拡大します。

  ランキングに参加しています 
    応援よろしくお願いします!

 人気ブログランキングへ  
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : カメラ頑張るぞ! - ジャンル : 写真

カメラ | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
No title
モードによって、やっぱり写りが違いますね。
(違いが無かったら機能は無くても良いですしね^^;)。
上から2枚目は、ちょっと暗い感じ・・・。
ナチュラルってフーちゃんの毛色に近いのですか?綺麗な色ですね(*^^*)
私、まだコンデジを使いこなしていません~f^^;
エーコままさん
いつもありがとうございます♪

モードをいじるだけで、全然違う雰囲気の写真になりますね。
使いこなせたら楽しいだろうなぁ。
もっと頑張らねば。

そうなんです。
ナチュラルモードが一番フーの色に近いんです。
今回撮ってみて初めて気付きました。もっと早く試してみればよかった…。

フーの色は、いわゆる茶トラがちょっと色あせた感じなんです。
ご近所のどの猫さんともちょっと違いうので
飼い主はとっても気に入ってます(笑)
No title
こんばんは^^
イメージによって結構雰囲気が違うんですね♪
個人的には【雅】が気になりましたね(笑)
優雅なイメージになるのでしょうかね?
テン3さん
いつもありがとうございます♪

確かに『雅』、気になりますね…。
『雅』モードで撮ったら、フーも「雅やかな猫様」に見えるんでしょうか?!
雅やかな猫ってなんだ???(笑)

『雅』な雰囲気が似合いそうな物を見つけたら
雅モードで撮ってみますね。
No title
銀残したしかにありますね~

私も1度猫とってみましたがイマイチわからず・・・;

そっかぁ仰るとおり、
風景とか建物とか撮るといいかもしれませんね^^

そうそう私のカメラもう調子悪いんです;

ダイヤルがおかしくなっちゃって~^^;
Rags mamaさん
いつもありがとうございます♪

やっぱり猫は普通に撮るのが一番ですね(笑)

K-r調子が悪んですか?
ダイヤルとは…それはショックですね(ToT)
修理にどれくらいの時間がかかるんでしょう?
早く直るといいですね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。